ベリーベスト法律事務所 刑事事件
電話でのお問合せはこちらをクリック
刑事事件に巻き込まれてお悩みではありませんか?
  • 釈放・保釈して欲しい
  • 性・風俗犯罪で逮捕された
  • 前科を付けたくない
  • 家族と連絡を取りたい
ベリーベストが選ばれる理由
元検事の弁護士が所属

前科をつけないためには、不起訴処分を勝ち取ることが必要ですが、起訴・不起訴の決定を下すのは、警察官ではなく、検事(検察官)です。
若佐 一朗弁護士は検事として捜査・公判に従事した、刑事事件についてのプロフェッショナルです。 裁判前の弁護活動であれば、検事から不起訴処分を勝ち取るためには、どのようなポイントを押さえて弁護活動を行えばいいかを熟知しております。

元検事 若佐一朗弁護士

裁判後の弁護活動においても、裁判員裁判を含む多数の裁判を経験しており、検事の立証活動を事前に予想したうえで、最適な弁護活動を行うことができます。

検事から不起訴処分を勝ち取るためには、どのようなポイントを抑えて弁護活動を行えばいいかを熟知しております。

刑事弁護の専門チームが対応

痴漢盗撮をはじめとする性犯罪から、 傷害、横領、詐欺、DV、窃盗、交通事故、薬物事件、裁判員裁判対象事件など、刑事弁護専門チームが幅広い犯罪に対応し、 法律相談は40万件を超える豊富な実績があります。

握手

また、刑事弁護専門チームでは、刑事事件に関する定期的な勉強会はもちろん、これまでの事件対応で培った「専門知識」や「成功事例」などノウハウを 専門チーム全体で共有し、お客さまに満足いただける対応ができるよう、日々スキルアップに努め、刑事事件のトラブルに最適な解決方法をご提案いたします。

全国対応・弁護士が365日対応

全国主要都市に拠点があり、全国対応が可能です。全国の拠点を繋ぐテレビ会議システムも導入しておりますので、事件の当事者とご依頼者が遠方の場合でも、 ご依頼者の最寄りの拠点の弁護士、事件の当事者の近くにある拠点の弁護士と顔を合わせて3者間で打ち合わせを行うことでご依頼が可能です。

集合写真

また、刑事弁護専門チームを中心に140名以上の弁護士が所属しており、平日夜、土日祝もお電話を受け付け、365日すぐに動けるよう待機しています。

初回相談無料!明瞭な料金体系

ベリーベスト法律事務所の弁護士費用は、ご依頼いただきやすいようシンプルでわかりやすい料金体系となっています。

会計

初回相談無料、3万円の「初回接見サービス」、「任意聴取同行サービス」などすぐにご依頼できるサービスから、追加料金のかからない「起訴前弁護プラン」「起訴後 弁護プラン」をご用意しており、追加料金が発生し、最終的な弁護士費用が高くなってしまうことが少ないので、安心してご依頼していただけます。

手遅れになってしまう前に 30分以内に弁護士と無料で話ができます!
電話でのお問合せはこちらをクリック
ご相談の流れ
逮捕直後の手続き

ご本人様またはそのご家族からの相談となります。

方針のご提案・弁護士費用のご案内

お客様の現状を聞き取り、今後の事件の見通しや現状に応じた対応の提案とご依頼した場合の 弁護士費用のお見積もりをご案内いたします。 お気軽にお問い合わせください。

ご来所・法律相談

弁護士より法的アドバイスを差し上げます。(ご本人様・家族の方は初回60分無料、以後30分毎5,000円の費用が発生いたします)

初回接見ご依頼

被疑者もしくは被告人の窓口となってご依頼者様に代わり、弁護士が面会を行います

初回接見費用:3万円(税抜き)

刑事弁護ご依頼

・不起訴を目指して、当事務所の刑事弁護担当の弁護士が全力でご本人様を弁護いたします。

・裁判においても同様に、無罪判決や執行猶予など最良の結果を得るための 弁護活動を継続、フルバックアップ体制で弁護いたします。

問題解決

弁護士費用例(ご本人様が事実を認めている場合)

起訴前からご依頼→弁護活動→結果:不起訴処分

■着手金:30万円(税抜き)

■報酬金:30万円(税抜き)

■実費:3~5万円

弁護士費用

初回相談料 無料

※ご本人・ご家族(配偶者、親、子、祖父母、孫、兄弟姉妹)からの相談が60分無料となります。

※それ以外の方からの相談は1時間1万円となります。

初回接見費用(まずは、接見のみ依頼する場合)

3万円

※まずは、弁護士が被疑者・被告人と会って、事情を聞き緊急の連絡をとります。

一般事件

一般事件費用

少年事件

少年事件費用

在宅事件

【任意聴取同行サービス費用】
在宅事件について、警察や検察への出頭同行、取調官へ名刺を渡して待機、事前事後の相談など
1時間あたり1万8,000円
※費用には移動時間を含みます。

※弁護士費用等の記載は全て別途消費税加算とし、弁護士報酬が発生した時点で税法の改正により消費税の税率が変動していた場合に は、改正以降における消費税相当額は変動後の税率により計算いたします。

手遅れになってしまう前に 30分以内に弁護士と無料で話ができます!
電話でのお問合せはこちらをクリック
よくあるご質問

ご主人は、今後の手続の中で、数回、釈放されるチャンスがあります。
 ご主人が逮捕されると、逮捕のときからまず3日間、警察等によって身柄が拘束されます。
さらに、検察官が、ご主人に逃亡のおそれ等があると判断した場合、「勾留」という更なる身柄拘束をする手続を請求します。そして、裁判所が勾留決定を出せば、ご主人は最長で更に20日間身柄が拘束されます。 また、その後、「起訴」という裁判所で罪を裁く手続きになれば、更に数カ月身柄が拘束されてしまいます。
もっとも、弁護士がついていれば、手続の各段階において、ご主人が釈放されるための活動をすることができます。
例えば、勾留の段階では、検察官に対し、勾留請求をすべきでないことを主張する「意見書」を出すことができます。また、裁判所に対しても、勾留決定をすべきでないことを主張し、 「意見書」を提出することができます。また、勾留決定がなされてしまった場合でも、裁判所に対して「準抗告」という不服申立の手続をして、身柄拘束を解くように働きかけることができます。 また、起訴されてしまった場合においても、保釈金を支払って身柄解放をする「保釈」という手続きを請求することができます。
このように弁護士がついていれば、手続の各段階において、釈放されるチャンスがあります。
ご主人の早期の身柄解放を望む場合には、まず弁護士をつけることをお勧めいたします。

「前科」は、検察官により起訴され、裁判で有罪判決を受けた場合につきます。
前科をつけないためには、検察官に「起訴」をさせず、「不起訴」となることが必要となります。どうすれば、「不起訴」となるかという点は、事件の性質やあたなの主張の内容によりかわってきます。 もっとも、万引き等の窃盗事件や痴漢事件など、被害者がいる事件は、被害者の方との示談をし、被害届を取り下げてもらえば、不起訴になる可能性は高くなります。
「前科」をつけずに、「不起訴」を勝ち取るためには、逮捕された段階から弁護士を付けることをお勧めします。
というのも、日本の司法制度上、逮捕されてから、約23日間で検察官が起訴するかを決めてしまいます。よって、起訴される前の逮捕の段階で、弁護士をつけた上で、起訴されないような弁護活動をしていくことが必要不可欠です。
今後の方針を決めるためにも、早期の弁護士への相談をお勧めします。

あなたが犯した罪が判明し、捜査が開始された場合、検察官が、あなたに対する「処分」を決めることになります。
「処分」には「起訴処分」と「不起訴処分」があります。
「起訴処分」とはあなたが行った罪を裁判所で裁くことを求める処分のことを言います。検察官が「起訴処分」を選んだ場合には、裁判所によりあなたの罪が判断されます。そして、裁判所により法律に定められた「刑罰」が下されることになります。
もっとも、あなたの犯した罪がどのようなものかによって、その「処分」や「刑罰」の有無・内容が変わってきます。まずは犯した罪について、弁護士に相談したうえで、今後の具体的な手続きの流れについて聞くことをお勧めします。
弁護士がつけば、あなたの犯した罪について、「処分」をしないように活動や、「刑罰」を軽くするための活動をすることができます。

警察は、あなたが行った犯罪についての事情聴取をするために呼び出していることが考えられます。
ここでいう「事情聴取」とは、「任意取り調べ」のことをいい、取り調べに応じるかを自由に決められるため、取り調べ自体を拒否することもできます。
もっとも、任意取り調べであっても、何度も警察から呼び出されているのに警察に行かなかったりすると、「逃亡のおそれ」や「罪証隠滅のおそれ」があるとして、逮捕されることにつながる可能性があります。
よって、任意取り調べには応じる方がよいといえます。
警察に出頭し、任意に取り調べに応じること自体は、逃亡や罪証隠滅のおそれがないこと、また犯罪事実に向き合い反省していることを行動で示すことにもなるので、任意取り調べに応じるメリットもあります。 もっとも、警察官から呼び出しに応じることは、不安な点も多いかと思います。
この場合に弁護士に相談し、警察署への出頭に付き添いをしてもらうことができます。弁護士が付き添いをすることで、警察に対し、あなたについて「逃亡のおそれ」や 「罪証隠滅のおそれ」といった逮捕の要件がないことを主張し、逮捕をしないよう求めることもできます。

痴漢をしていていないにもかかわらず、痴漢をした被疑者として扱われてしまう事件を「痴漢冤罪事件」といいます。
「痴漢冤罪事件」では、早い段階で弁護士をつけて、適切な対応をすることが必要となります。
痴漢と疑われた後、まず駅員室に連れて行かれ、駅員室に警察官が来た段階で逮捕されるというケースが多くあります。 何も対応をせずにいるとそのまま逮捕をされてしまう可能性が高いことから、駅員室からでも弁護士に電話をして、 弁護士から、自分には逮捕をされる理由がないということを主張してもらうことが肝心です。
また、痴漢冤罪事件では、「自分は痴漢をやっていない」という無罪の主張をすることになります。 そのためには、早い段階で、痴漢と疑われた当時の状況を分析して、こちらがどのような主張をすべきかを検討をする必要があります。 これも弁護士のアドバイスをうけて、検討することが必要です。
また、無罪を主張する一方、弁護士から被害者に連絡をし、お話合いをしたうえで、事件を終結させることもあり得ます。 さらに、裁判となってしまった場合は、裁判において、「自分は痴漢をやっていないんだ」という主張をし、適切な戦略をたてたうえで、無罪の獲得を目指すことになります。
裁判では、被害者の供述の矛盾点を突いていくことや、自分は痴漢をやっていないということを証明する証拠を提出し、無罪を獲得していくことになります。
どの段階においても、弁護士による適切な対応が必要となりますので、早い段階で弁護士に依頼することをお勧めします。

事務所概要
法人 ベリーベスト弁護士法人
主事務所 ベリーベスト法律事務所
所属 第一東京弁護士会
代表弁護士 萩原 達也(第一東京弁護士会)
住所 〒106-0032 東京都港区六本木1-8-7
MFPR六本木麻布台ビル11階
電話番号 0120-201-307(刑事事件専用ダイヤル)

ベリーベスト法律事務所の展開エリア

■ベリーベスト法律事務所 [東京]

〒106-0032 東京都港区六本木1-8-7 MFPR六本木麻布台ビル11階

地図を見る

■ベリーベスト法律事務所 [札幌]

〒060-0001 北海道札幌市中央区北1条西3丁目2番 井門札幌ビル9階

地図を見る

■ベリーベスト法律事務所 [仙台]

〒980-0014 宮城県仙台市青葉区本町1-2-20 KDX仙台ビル2階

地図を見る

■ベリーベスト法律事務所 [水戸]

〒310-0062 茨城県水戸市大町1丁目2-40 朝日生命水戸ビル4階

地図を見る

■ベリーベスト法律事務所 [宇都宮]

〒320-0806 栃木県宇都宮市中央一丁目1番1号 宇都宮アクシスビル3階

地図を見る

■ベリーベスト法律事務所 [高崎]

〒370-0824 群馬県高崎市田町57番地1 太陽生命高崎ビル7階

地図を見る

■ベリーベスト法律事務所 [大宮]

〒330-0846 埼玉県さいたま市大宮区大門町三丁目42番5号 太陽生命大宮ビル9階

地図を見る

■ベリーベスト法律事務所 [千葉]

〒260-0015 千葉県千葉市中央区富士見2-3-1 塚本大千葉ビル9階

地図を見る

■ベリーベスト法律事務所 [立川]

〒190-0012 東京都立川市曙町2丁目32番1号 立川鳳山ビル7階

地図を見る

■ベリーベスト法律事務所 [川崎]

〒210-0006 神奈川県川崎市川崎区砂子二丁目11番29号 平松川崎ビル5階

地図を見る

■ベリーベスト法律事務所 [横浜]

〒220-0835 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町3-33-8 アサヒビルヂング10階

地図を見る

■ベリーベスト法律事務所 [新潟]

〒950-0087 新潟市中央区東大通2-5-8 東大通野村ビル2F

地図を見る

■ベリーベスト法律事務所 [金沢]

〒920-0869 石川県金沢市上堤町1-12 金沢南町ビルディング 4階

地図を見る

■ベリーベスト法律事務所 [静岡]

〒422-8067 静岡県静岡市駿河区南町14番25号 エスパティオ7階

地図を見る

■ベリーベスト法律事務所 [名古屋]

〒450-0003 愛知県名古屋市中村区名駅南一丁目17番29号 広小路ESビル3階

地図を見る

■ベリーベスト法律事務所 [京都]

〒604-8152 京都府京都市中京区烏丸通錦小路上ル手洗水町659番地 烏丸中央ビル2階

地図を見る

■ベリーベスト法律事務所 [大阪]

〒530-0003 大阪府大阪市北区堂島1-1-5 梅田新道ビル2階

地図を見る

■ベリーベスト法律事務所 [堺]

〒590-0075 大阪府堺市堺区南花田口町2丁3番20号 三共堺東ビル2階

地図を見る

■ベリーベスト法律事務所 [神戸]

〒650-0034 兵庫県神戸市中央区京町69 三宮第一生命ビルディング12階

地図を見る

■ベリーベスト法律事務所 [岡山]

〒700-0821 岡山県岡山市北区中山下1-9-40 新岡山ビル7階

地図を見る

■ベリーベスト法律事務所 [広島]

〒730-0013 広島県広島市中区八丁堀15-6 広島ちゅうぎんビル5階

地図を見る

■ベリーベスト法律事務所 [松山]

〒790-0003 愛媛県松山市三番町4-11-1 住友生命松山三番町ビル4階

地図を見る

■ベリーベスト法律事務所 [北九州]

〒802-0002 福岡県北九州市小倉北区京町2-7-8 小倉ビル8階

地図を見る

■ベリーベスト法律事務所 [福岡]

〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前1丁目14番16号 博多駅前センタービル8階

地図を見る

■ベリーベスト法律事務所 [那覇]

〒900‐0015 沖縄県那覇市久茂地2丁目8番1号 JEI那覇ビル5F

地図を見る
手遅れになってしまう前に 30分以内に弁護士と無料で話ができます!
電話でのお問合せはこちらをクリック

up